FAQ

Q

対象年齢はありますか?

A
年齢を特定した保湿ローションではございません。 赤ちゃんから、お年寄りまで、お肌が弱く敏感な方にお使いいただきたいです。 もちろん、エイジングケアとしてもお使いいただけます。
Q

全身に使えますか?

A
もちろん、全身にご使用いただけます。 気になる部位にお使い下さいませ。 ※初めてのご使用の際、ご心配であれば耳たぶなどでお試しいただき、相性を確認いただければと存じます。 また、1日何度塗布していただいても大丈夫です。
Q

腐植土抽出とはなんですか。

A
天然植物成分のフルボ酸とフミン酸を指します。 このフルボ酸とフミン酸を世界初のバイオ技術により融合させた腐植土抽出物です。 有機農法などにも取り入れられるほど、生体に優しいです。
Q

TR モイストローションを使用すればお薬は必要ないですか?

A
TR MOISTLOTIONは、薬剤ではございません。 あくまで保湿ローションです。 薬剤につきましては、かかりつけの先生にご相談下さいませ。
Q

全成分について教えて下さい。

A
全成分は、下記になります。 天然由来の成分のみ ■水 ■グリセリン  →ヤシ・パーム 由来で甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤。食品にも使用。 ■腐植土抽出物  →樹木を4年かけて発酵熟成させたものから抽出させた成分。 ■ペンチレングリコール  →とうもろこしやサトウキビ由来で低刺激の防腐剤 ■キサンタンガム  →とうもろこしなどの澱粉を発酵して製造。増粘剤や安定剤。食品にも使用。 ■カプリル酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリルー10  →ヤシ・パーム 由来で界面活性剤。食品にも使用。
Q

1日に何度塗布しても大丈夫ですか。

A
乾燥で痒かったり、気になる部位には何度もお使い下さい。 (ムズムズ肌、カサカサ・ゴワゴワ肌には、気になったらすぐに塗布していただくと、落ち着きます。) 薬剤ではありませんので、使用回数は決まっていません。 むしろ、何度も塗布されることをお勧めいたします。
Q

アトピーについて教えて下さい。

A
「遺伝的要素」「肌が弱い」「原因物質に触れる」という三つの要素が重なると、発症、あるいは悪化すると言われています。 このうち遺伝的要素は治すことはできません。 しかし、正しいスキンケアでお肌の状態を安定して保つことは可能と考えます。 フルボ酸、フミン酸のティーアールモイストローションをお試し下さいませ。
Q

気になる部位のお勧め使用方法を教えて下さい。

A
ガーゼにtrモイストローションをしみ込ませ、気になる部位に張り付ける湿布もお勧めです。 また、精製水でローションを2倍に希釈し、スプレータープのボトルに入れ、気になる部位やムズムズしたとき、気になるときに、噴きかけていただくこともお勧めです。 有用成分の樹木抽出液濃度を、濃く処方しております。 2倍に薄めていただいて、何度も塗布していただくことも、バリア機能のケアや荒れ対策にお役にたちます。
Q

ティーアールモイストローションの上にクリームは必要ですか。

A
特に必要はございません。 化粧水、美容液がこの1本で完結できます。 また、保湿力もあります。 ただ、お肌の状態によっては、保湿を追加されたい方もいらっしゃると思います。 その場合は、日頃お使いのクリームなどを、ローションの塗布後にお使い下さい。
Q

入浴後の塗布について教えて下さい。

A
入浴後は、何もせずにそのまま過ごされると、約15分程度で入浴前より肌が乾燥することが解っています。 従って、入浴後は、早めに塗布していただくことをお勧めいたします。